レンドルミンと併用禁忌の薬は? 飲み合わせの悪い物はある?

レンドルミンの併用禁忌・注意薬を学ぼう

 

レンドルミンは副作用がそれほど強くなく、また併用禁忌薬(一緒に服用してはいけない医薬品)がないためにとても使いやすい睡眠薬として重宝されています。ですが、併用禁忌薬がないだけで、禁忌のルールや併用注意薬はありますので、こちらに関してはきちんと事前チェックをしておくようにしましょう。

 

目次

 

レンドルミン禁忌のルール

レンドルミンには、一緒に併用してはいけない「併用禁忌」の医薬品はありません。ただ、服用中にやってはいけない禁忌事項のルールがあるので、ここで説明していきます。

 

禁忌ルール

1.急性狭隅角緑内障のある患者
2.重症筋無力症の患者

 

急性狭隅角緑内障のある患者

 

急性狭隅角緑内障の患者は角膜と虹彩の間の「隅角」が完全に閉まってしまうことで眼圧が上がるという症状が出ることがあります。レンドルミンは服用により眼圧が上がりますので、この症状に拍車をかけ、最悪の場合は失明の可能性があります。

 

重症筋無力症の患者

 

重症筋無力症は腕や足などの筋肉が弛緩するなどの症状が出る病気です。また、顔の筋肉が弛緩することでまぶたが垂れ下がり物が二重に見える等の症状もあります。レンドルミンは筋弛緩作用を持っていますので、重症筋無力症の症状を悪化させることがあるのです。

 

原則禁忌事項

 

呼吸器系の病気を持っている方は、レンドルミンの服用で重大な副作用を起こす可能性があります。

 

その為、原則的には服用禁忌ですが、どうしても必要な場合は、慎重に状態を見ながらであれば服用が認められています。

 

レンドルミンの併用注意薬

レンドルミンには併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬はありますので、それらをここでは紹介していきます。

 

中枢神経抑制剤(アモバン、マイスリー、デパス、レキソタンなど)

 

レンドルミンは中枢神経抑制作用を持っています。そのため、同様の作用を持つ「中枢神経抑制剤」全般が併用注意となります。

 

ベンゾジアゼピン系 レンドルミン、デパス、ロヒプノール(サイレース)、ハルシオン、ユーロジン、ソラナックス、ワイパックス、ベンザリン、メイラックス など
非ベンゾジアゼピン系 マイスリー、アモバン、ルネスタ
バルビツール酸系 ベゲタミン、ラボナなど
抗ヒスタミン薬 アタラックス、ポララミン、アレジオン、アレグラ、ザイザル、クラリチン など
フェノチアジン誘導体 メチレンブルー、プロマジン、フルフェナジン など

 

↑は中枢神経抑制剤のおおまかな一覧です。レンドラミンと同じベンゾジアゼピン系薬はもちろん、非ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系睡眠薬なども同種の薬となります。また、意外なところでは抗ヒスタミン薬(花粉症などのアレルギー治療薬)も中枢神経抑制薬となり、併用は慎重に行うべきです。

 

同じ中枢神経抑制効果を持っていますから、追加で服用してしまうと効果も副作用も強化されてしまうことになり危険です。とくに注意したいのが「眠気」「意識障害」といった症状で、併用することによってこれらの症状が異様に増強されることがあります。また、双方の依存性や耐性も強まってしまいますので、断薬の際には離脱症状に苦しむことになるでしょう。

 

処方薬に関しては、基本的に医師側で医薬品ごとの飲み合わせ相性に関しては把握していますので、同時に処方されることはないでしょう。しかし、不眠治療の為に複数の病院を掛け持ちしている場合には処方されてしまうこともあります。「お薬手帳」などを用いて確実に、今現在自分が処方されている薬を把握し、医師に確実に伝えるようにしましょう。いちいち記入するのは面倒かもしれませんが、自分の身を守るには絶対に必要なことです。

 

厄介なのが「市販薬にも中枢神経抑制成分が含まれることがある」ということです。特に抗ヒスタミン薬は市販の風邪薬や花粉症治療薬などに含まれることが多いので、不安なら購入前に薬局のスタッフに聴いてみたほうがよいでしょう。

 

モノアミン酸化酵素阻害剤

パーキンソン治療薬(エフピーOD2.5錠など)

 

こちらもレンドルミンと同じく鎮静作用を持っています。相乗効果で効き目が強く出すぎてしまうと危険ですから、併用には注意するようにしてください。

 

パーキンソン病治療の為にこの薬を服用している方は高齢者のケースが多いでしょう。その場合には飲み合わせまで気が回らないかもしれません、ご家族等周囲の方でケアして上げるようにしてください。

 

CYP3A4阻害剤

イトラコナゾール(カビ殺菌薬)、ミコナゾール(カビ殺菌薬)、シメチジン(胃酸抑制薬)など

 

レンドルミンに限らず体内に入った薬は代謝され、いずれ体内からなくなります。レンドルミンを代謝する酵素が「CYP3A4」なのですが、その働きを阻害(邪魔)するのがこれらの薬品です。

 

代謝の邪魔をされると血中濃度が上がりすぎてしまったり、効果時間が伸びてしまいます。また、依存性や耐性形成を早めてしまう可能性があります。

 

カビ殺菌(水虫・性病治療)、胃酸抑制(胃炎・胃潰瘍治療)といったようにレンドルミンと使用目的がまったく違います。その為、違う病院で処方を受ける可能性も高く、その分同時に処方されてしまう危険性も高くなっています。中でも「シメチジン」はいわゆるH2ブロッカーとなり、市販もされています。

 

フロンティア、パンシロンH2ベスト、住友胃腸薬スコープ、センロックエース、ザッツブロック、アルサメックなど

 

↑はシメチジン含有市販薬の一部ですが、広く利用されていることがわかります。なので、H2ブロッカーを使用したい場合は、併用注意に指定されていない「ガスター」の方を利用したほうがよいでしょう。薬局で市販薬を買う場合は、パッケージの成分表をチェックしましょう。

 

病院にしろ薬局にしろ、現在の処方状況を伝えるのはもちろん、不安であれば「飲み合わせは大丈夫なのか?」などと積極的に質問していくことが重要です。

 

CYP3A4誘導剤

リファンピシン(結核治療に用いる抗生物質)など

 

「CYP3A4阻害剤」とは反対に、CYP3A4の働きを強めてしまうのが「CYP3A4誘導剤」です。

 

効果も真逆で、血中濃度が薄くなってしまったり、効果時間が短くなってしまいます。せっかく飲んだレンドルミンの効果が弱くなってしまう可能性もあるでしょう。しかし、直接体に害があるわけではないので、そこまでデリケートに気にする必要はありません。むしろ、これを気にして本来飲むべき結核治療薬などを飲まない方が問題と言えるでしょう。

 

CYP3A4ってなに?

 

CYP3A4とは人間の体内に存在する代謝酵素の一種です。

 

代謝とは体の中に入った成分を水に溶けやすい形にしてあげる作業のことをいいます。

 

薬は脂溶性(油に溶けやすい)であることが多いので、何もしないでいるといつまでたっても体内に残ってしまいます。ですから、薬を水に溶けやすい形に組み替えて、体外に排出しやすくする必要があります。私たちの体の大部分は水分でできている為、水に溶けやすい物の方が尿として体外へ排泄されやすいのです。

 

この一連の作業(代謝)を行っているのが代謝酵素です。代謝酵素はどんな成分でも代謝するのではなく、色々な種類の代謝酵素があり、それぞれどんな成分を担当するか決まっています。

 

その中で、レンドルミンを担当しているのがCYP3A4なのです。

 

CYP3A4誘導剤であるリファンピシンを飲むと、このCYP3A4の働きが強まります。その為、代謝は活発になりレンドルミンはどんどん代謝されて体外に出てしまうことになります。その為、レンドルミンの効果時間は短くなり効き目も弱くなってしまうのです。

 

CYP3A4阻害剤の場合は効果がまったく逆に働くので、CYP3A4の働きが弱まり、レンドルミンの効果が強くなります。

 

一般的な医薬品との飲み合わせも確認!

 

すでにレンドルミンと併用注意といわれる医薬品について解説していますが、ほかの医薬品との相性が気になるという人もいるでしょう。

 

ここからは、よく使用されている医薬品を中心に、レンドルミンとの関係について見ていきましょう。

 

風邪薬(ムコダイン・パブロン・ルルなど)

 

レンドルミンを服用している期間に、風邪をひいてしまったとします。そんなとき気になるのが、「風邪薬を併用しても大丈夫なのか?」という点でしょう。

 

医薬品名

効果

アスベリン

咳止め

アストミン

咳止め

フスコデ

咳止め

メジコン

咳止め

レスプレン

咳止め

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

エンピナース

喉の炎症を鎮める

 

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり防止

 

↑の風邪薬は一般的によく使用されるものです。ムコイダンはさまざまな症状に効果があるため、処方されやすい医薬品です。

 

結論からいうと、ムコイダンとレンドルミンの併用は問題ありません。しかし、副作用として眠気がでることがあるため、ある程度注意する必要はあるでしょう。そのため、医師から処方をうける際は、事前にレンドルミンを服用中であることを伝えておくと安心です。副作用リスクについても配慮してくれるでしょう。

 

 

ただ、市販の風邪薬を利用するという人も多いはずです。この場合は、多少問題があるかもしれません。ルルやパブロンなどの市販の風邪薬には、鼻止めの成分が入っている確率が高いからです。この成分には眠くなりやすいという特徴があるため、レンドルミンの効果とあわさって、眠気が強くでることがあるのです。もし併用するなら、とつぜん眠くなってもすぐに休める環境にしておくことです。仕事があって休むのはむずかしいという場合は、併用は避けるべきでしょう。

 

この眠気をひきおこす成分は、抗ヒスタミン薬とよばれています。抗ヒスタミン薬は併用注意薬としても説明していますが、中枢神経抑制作用があるのです。つまり、これらの薬とレンドルミンを併用することで、異常な眠気をひきおこすことがあります。併用を避けるには、医薬品の箱に記載されている成分表に「マレイン酸カルビノキサミン」や「d-クロルフェニラミン」という成分名が書かれていないものを選ぶとよいでしょう。それでも不安だという場合は、薬局の販売員に確認するのもひとつの手です。

 

胃腸薬(ムコスタ・ガスター・ビオフェルミンなど)

 

胃腸が弱いため、胃腸薬がかかせないという人もいるでしょう。

 

ムコスタ、ブスコバン、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム、ビオフェルミン など

 

↑の胃腸薬は一般的によく使用されているものです。

 

胃腸薬とレンドルミンは併用注意ではありません。つまり、併用しても問題ない組みあわせなのです。

 

また、レンドルミンには胃が荒れるといった副作用がありますが、胃腸薬を服用することで、胃の症状を改善する効果が期待できます。そのため、胃の症状によっては併用したほうがよいともいえます。

 

ただ、併用する場合は、胃腸薬の選びかたが重要となります。胃腸薬にはさまざまな種類がありますが、症状に適した胃腸薬を選ばないと、効果がないどころか症状を悪化させることもあるからです。症状にあった胃腸薬を選ぶのがむずかしいのであれば、薬局などで問い合わせてみましょう。

 

解熱鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン・バファリンなど)

 

NSAIDsとよばれる解熱・鎮痛剤は、常備している人が多い医薬品でしょう。とくに定期的に生理痛や頭痛などがある場合、服用できないと困ってしまいます。

 

ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン

 

↑はよく使用されるNSAIDsをまとめたものです。身近な医薬品であり、だれでも一度は目にしたことがあるでしょう。NSAIDsとレンドルミンは、併用しても問題のない組みあわせです。それぞれの作用に影響をあたえることはないからです。

 

しかし、場合によっては、それほど飲み合わせがよいともいえないのです。それは、NSAIDsとロヒプノールの共通した副作用として、消化器系の症状があるからです。

 

→レンドルミンの副作用は危険!離脱症状を克服するためには?

 

↑では、レンドルミンの消化器系の症状をくわしく紹介しています。NSAIDsであるボルタレンやロキソニンには、胃を荒らしやすいというデメリットがあることは、知っている人も多いでしょう。

 

また、NSAIDsとレンドルミンはいずれも胃を荒らす可能性がありますが、問題は原因がそれぞれ違うということです。これらがおなじタイミングで胃に負担をかけると、さらに胃腸系の症状が悪化することもあるのです。

 

このような併用による胃腸系の症状を予防するには、ただしい用法・用量で服用することが大切です。とくに、ロキソニンのようなNSAIDsでは、空腹時の服用は避けましょう。食後に服用することで、胃腸が荒れにくくなるからです。

 

また、消化器系の副作用がでてしまうなら、対策として胃腸薬を併用してもよいでしょう。医師に相談すれば処方してくれるはずですし、薬局で症状にあった胃腸薬を選んでもらうこともできます。

 

その他の医薬品(ピル、抗生物質、ワーファリンなど)

 

抗生物質は細菌性の症状がでると処方される医薬品です。また、ピルを使用している女性も少なくないでしょう。ここからは、それらの医薬品についても見ていきましょう。

 

種別

代表医薬品

概要

ピル

トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

抗生物質

フロモックス、メイアクト、クラビット、ジスロマック

併用はOK。ただし消化器系の副作用の重複に注意

ワーファリン

ワルファリン

併用はOK。

 

↑の一覧はレンドルミンと併用した場合の影響などをまとめたものです。どの医薬品も併用によっておおきな影響はありません。ただ、副作用リスクとして、消化器系の症状が悪化するケースがあることは理解しておきましょう。

 

その他の薬やサプリ、嗜好品は大丈夫?

 

レンドルミンには相性の悪い薬もあります。また、嗜好品やサプリメントにも注意が必要です。

 

アルコール

 

睡眠薬とアルコールを一緒に飲んだら、なんとなく身体に悪そうですよね。そのイメージどおり、レンドルミンとアルコールの併用はおすすめできません。おたがいに作用を強めてしまうからです。ふらつきや強い眠気、もの忘れなどの症状が、翌日まで残る可能性があります。症状がでているときに車の運転をすると、事故をおこす可能性だってあります。

 

>>アルコールとの併用は絶対ダメ!お酒が与える悪影響

 

市販の鼻水止め薬など

 

鼻水止めの市販薬というとパブロンが有名ですが、このような鼻水の症状に効果があるとされる市販薬には、眠くなる成分がふくまれます。眠くなるということは、レンドルミンの作用とおなじなので、おたがいに作用を強めてしまいます。そのため、これらの薬には注意しなければなりません。

 

不眠解消を目的としたサプリメント

 

サプリメントのなかには、眠りをうながす効果があるといって販売されているものがあります。なかでもホルモン物質である「メラトニン」は、不眠解消に効果があるといわれています。しかし、問題はこのホルモン物質です。睡眠薬とホルモン剤の併用は避けたほうが良いからです。ただし、レンドルミンを減らしたり、やめるまでの代用として使用するなら良いでしょう。また、ハーブ系サプリメントもレンドルミンとの併用は避けたほうが良いです。ハーブ系サプリメントには、うつ病の不安をやわらげる効果が期待されています。これは科学的には証明されてはいないのですが、睡眠薬との併用は作用を強める可能性があります。

 

レンドルミンとの併用に注意が必要なのは、処方された薬だけではありません。市販薬や嗜好品、サプリメントまでさまざまです。これらすべてを自分だけでチェックするのはむずかしいかもしれません。レンドルミンは処方箋が必要な薬ですので、医師の診察の際に、ふだん自分が飲んでいるものを報告しておけば安心です。

 

併用注意や飲み合わせのまとめ

 

まずレンドルミンの「併用禁忌」については、存在していません。なので、うっかり併用禁忌の医薬品を飲んでしまった、ということは起こらないので安心してください。

 

ただ、「併用注意」については、かなりの種類があります。

 

  1. 中枢神経抑制剤
  2. モノアミン酸化酵素阻害剤
  3. CYP3A4阻害剤
  4. CYP3A4誘導剤

 

↑の医薬品については、自己判断での併用は避けましょう。また、市販薬の中に上記の成分が含まれる可能性もあるので、不安なら薬剤師などに訪ねてみたほうがよいかもしれません。
また、一般的によく利用される医薬品との飲み合わせについては、

 

  1. 眠気、ふらつき、めまい
  2. 消化器系の副作用(吐き気、胃痛など)

 

↑の症状が重なって増強されてしまうリスクが出る場合があるので注意しましょう。

 

それと、すべての医薬品にいえることですが、医薬品の代謝には肝臓や腎臓がかかわっています。そのため、医薬品を併用する数が増えるほど、肝臓や腎臓に負担がかかることになります。

 

レンドルミンを服用中の併用だけでなく、さまざまな医薬品を併用中であるなら、肝臓や腎臓の状態につねに気を配る必要があります。しかし、素人では肝臓や腎臓の異変に気づきにくいでしょう。そこで、健康診断などで異常が指摘された場合は、医師に相談して併用についてアドバイスを受けるとよいでしょう。