レンドルミンを大量摂取したら? 致死量は?

レンドルミンの過剰摂取はどのくらい危険がある?

レンドルミンは耐性がつく可能性がある薬です。レンドルミンをずっと飲み続けていると、以前より効かないと感じるようになり、薬の量が増えていってしまう危険性があります。薬の大量服用というと、危険なイメージがあるため、健康面が不安になる人も多いのではないでしょうか。

 

ここからは、レンドルミンを大量摂取したら、どこにどんな影響があるのかを解説しましょう。

 

レンドルミンの致死量にあたる量は何錠くらい?

 

LD50とは薬の毒性の強さを示す指標です。半数致死量ともいい、動物に薬を投与した場合、半数は死んでしまう量のことをいいます。ネズミによる経口投与実験で、体重1キロあたりの半数致死量は10000mgということが判明しました。と言っても具体的にどのくらいの量なのかがわかりづらいと思います。

 

そこで、レンドルミン0.25mgの半数致死量を表にまとめると以下のようになります。

ネズミ 10000錠程度
100000~400000錠程度(体重による)
ネコ 150000錠程度
サル 300000錠程度

 

人間(60kg)の場合には半数致死量は240万錠以上というとてつもない結果が出ました。240万錠以上飲めば死亡率5割ということです。ただし、現実的に240万錠の薬を飲むのは無理があるでしょう。それだけの薬を用意できるのか、用意したとしてそんなに飲むことはできない、といった問題が発生します。そう考えると、レンドルミンの大量摂取で死亡する事態は起こりにくいと考えられます。

 

ただし、これは半数致死量で考えた場合です。たとえばレンドルミンを100錠服用したとして、ぜったいに死亡しないかというと、そうではありません。ごくごくわずかですが死亡率はありますし、飲めば飲むほど副作用のリスクは上がっていくでしょう。つまり、大量摂取は危険であるという事実は変わらないのです。

 

大量摂取によってでてくる症状とは?

レンドルミン30錠くらいなら命の危険はないといわれていますが、身体にどんな影響がでるのか気になりますよね。

 

考えられるのは、大脳への影響です。意識が混濁したり、気を失ったりする可能性があります。さらに、呼吸器系や循環器系にも影響することも考えられます。呼吸困難や循環不全など、いずれも症状は深刻です。

 

つぎに、依存性のリスクもあります。もともとレンドルミンのような睡眠薬には依存性がありますが、大量摂取することで、依存症のような症状がでる可能性があります。アルコールを飲みすぎて失敗した経験があるなら、その状態を想像するとわかりやすいかもしれません。

 

アルコールには依存性があり、中枢神経を抑制する作用があります。レンドルミンの大量摂取とお酒の飲みすぎが同じような状態になるのは、作用が似ているからです。どちらも、飲みすぎれば激しく酔いがまわり、二日酔いの状態になってしまうことに変わりありません。

 

これまでの解説で、レンドルミンの半数致死量は240万錠という話がでてきました。たとえば、ここまで飲まなければ大丈夫と少しづつ服用量を増やしたとします。その結果、どんな影響がでるか想像できますか?薬の影響はじわじわとやってきて、いつもの日常生活をおびやかすような症状があらわれるでしょう。たとえ死にいたる危険はなくても、薬物依存のような状態になったり、身体にいくつもの痛みや違和感がでることもあります。

 

「後悔先に立たず」ということわざにあるように、あとから薬を大量摂取したことを悔やんでも遅いのです。依存性の強さから薬をやめることも難しく、苦しい治療が長期間続きます。レンドルミンを大量摂取するなら、それらのリスクを覚悟しなければなりません。さらに、大量摂取で得られる利益はまったくないことも忘れてはいけません。