妊娠中にレンドルミンを使ったら赤ちゃんにどんな悪影響がある?

レンドルミンは妊婦さんが飲んでもいい薬なの?

 

レンドルミンを飲んでいるのに妊娠したらどうなるでしょうか。また、レンドルミンを飲みたいと考えている妊婦さんに、レンドルミンはオススメしていい薬といえるでしょうか。妊娠中は赤ちゃんへの影響がなによりも気になる時期なので、悪影響がないかなどいろいろ心配になりますよね。

 

そこで、ここからは睡眠薬として人気のレンドルミンが、妊婦さん自身の身体と赤ちゃんにどう影響するのかを解説します。

 

妊娠中は使用を控えたほうが安心だけど…

 

妊娠中にレンドルミンを飲んでもいいか?と医師に質問したら「服用しないほうがいい」という答えがかえってくるでしょう。なぜなら、赤ちゃんの奇形発生リスクがそこまで低いわけではないからです。

 

薬の成分によって、リスクにも差があります。ハルシオンユロージンなどの睡眠薬は、とくにリスクが高いため、妊婦さんへの使用は禁忌となっています。

 

そうはいっても、妊娠中は、急にイライラしたり、眠れなくなったりと、気持ちが不安定になりやすい時期でもあります。これは、妊娠することで、女性ホルモンのバランスが変化するからです。女性ホルモンは、肌トラブルの原因にもなりますが、精神面への影響も大きいといわれています。

 

不眠に悩んでいる女性が妊娠することで、さらに症状が悪化したらどうなるでしょう。体調が悪化して流産するかもしれません。そういった最悪な事態をさけるために、妊婦さんへの睡眠薬使用がゆるされる場合もあります。ただし、使用できるのはリスクが少ないとされる睡眠薬であり、使用禁忌薬は絶対にさけなければなりません。

 

結局のところレンドルミンを飲んでも大丈夫なの?

 

妊婦さんが服用しても問題ない薬について、はっきりとした判断基準があります。オーストラリア医薬品評価委員会・先天性異常部会、アメリカ食品医薬品局(FDA)など複数の機関が、それぞれデータを公表しています。

 

レンドルミンについてのデータでは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が作成しているものがおすすめです。

 

レンドルミンの危険性をデータで評価する

お腹の赤ちゃんへの薬物影響度は、アメリカ食品医薬品局(FDA)の「薬剤胎児危険度分類基準」が参考になります。この基準では、医薬成分が胎児に与える影響を「A」~「x」で評価しています。

 

薬剤胎児危険度分類基準

A

CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK(ヒト対照試験で、危険性がみいだされない)

 

解説:しっかりと試験を行ったうえで、危険であるという証拠が出なかったもの。

B

NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS(人手の危険性の証拠はない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠がないが、人の実験はしていないもの。

RISK CANNOT BE RULED OUT(危険性を否定することができない)

 

解説:動物実験では危険性を示す証拠があるが、人での実験ではしていないもの。

D

POSITIVE EVIDENCE OF RISK(危険性を示す確かな証拠がある)

 

解説:動物実験でも、人での実験でも、危険性が確認されているもの。

x

CONTRAINDECATED IN PREGNANCY(妊娠中は禁忌)

 

解説:胎児への危険性の決定的な証拠があり、服用が禁忌であるもの。

 

レンドルミンに関しては詳細な評価データはありませんが、同じベンゾジアゼピン系である「セルシン」「ワイパックス」といった睡眠薬の評価は「D」となっていますので、レンドルミンに関しても同じくらいのリスクがあると考えておくのが無難でしょう。

 

つまり、妊娠中にレンドルミンを服用するのは、ある程度のリスクをともなうということを認識しておきましょう。「禁忌ではないが、危険性はある」と理解した上で使用するかしないかの選択を行いましょう。もっとも、自分が使う判断をしたところで、医師がレンドルミンの服用を認めるケースはあまり多くはありません。重度の不眠でないかぎりは、服用はさけるのが一般的でしょう。

 

 

なお、不眠症由来のストレスによる流産などの最悪のケースをさけるために妊娠中のレンドルミン服用が認められるケースがないわけではありません。ですが、その場合でもいったん服用を中断したほうがいい時期があります。

 

それは、妊娠後期です。妊娠後期までレンドルミンを続けた場合、出産後の赤ちゃんに離脱症状がでる可能性があります。症状としては、落ちつきがない、泣きかたが激しい、哺乳がうまくいかない、などさまざまです。ストレスがたまるほど眠れない場合は服用は仕方ないですが、最終手段であることを忘れてはいけません。

 

妊娠期間は長いのですから、レンドルミンに頼らずとも眠れるよう、生活習慣を改善することも大切です。まずは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかってリラックスしたり、お気に入りの音楽を聴くなど、効果があるといわれる方法をためしてみましょう。

 

授乳中にレンドルミンを飲むと赤ちゃんはどうなるの?

お母さんがレンドルミンを飲んで授乳することは、赤ちゃんも一緒にレンドルミンを飲んでいることと同じです。つまり、レンドルミンの成分が赤ちゃんに作用するのです。授乳しなければいけない時間なのに赤ちゃんが眠りつづけていれば、赤ちゃんの成長にも影響がでるかもしれません。そういった事態をさけるためには、お母さんがレンドルミン服用をいったん中止するのがベストです。しかし、どうしても服用しなければならなくなったら、服用するタイミングが重要です。授乳するのは、薬の効果が完全になくなってからにしましょう。また、薬を飲むまえに搾乳する方法もあります。この方法なら、お母さんが休んでいる間に、ご主人が母乳を飲ませることもできますね。もちろん、母乳ではなくミルクでもいいでしょう。

 

妊娠・授乳中のレンドルミンは基本的にはさけなければいけません。ただし、母体への危険があって治療上やむを得ないと医師が判断した場合のみ、使用が認められています。個人の判断だけで服用するのは危険です。どうしても眠れないのであれば、医師ときちんと相談し、服用する場合は医師の指示をまもって正しく服用しましょう。