アルコールを併用するとこんな悪影響がある

レンドルミンとお酒は相性の悪い組み合わせ

 

レンドルミンとアルコールの相性は、あまり良くありません。いつもの習慣で、つい一杯やりたくなってしまうかもしれませんが、レンドルミン服用中はさけたほうが賢明です。

 

睡眠薬や抗不安薬には、アルコールとの併用禁忌となっている薬が多いのですが、レンドルミンとアルコールの併用は禁忌とまではいきません。レンドルミンの副作用はそこまで強くないため、「推奨しない」というレベルです。

 

ただし、併用禁忌じゃないからといって安心はできません。推奨しないということは、併用が望ましくないということです。運わるく、交通事故にあったり、重要書類を忘れたり、転倒してケガをする可能性だって考えられます。「あのときお酒を飲まなければ…」とあとで後悔しないためにも、レンドルミン服用中はお酒は飲まないと決めたほうがいいでしょう。

 

 

レンドルミンとアルコールは意外とそっくり?

 

お酒には「飲むと楽しいもの」「気分がよくなるもの」、そんなイメージがあるのではないでしょうか。飲み会で場を盛りあげたり、ストレス解消に役立ったり、適度な飲酒は人生に楽しみを与えることもあります。

 

しかし、こういったいいイメージがある反面、こんな作用もあります。

 

1.眠くなる
2.倦怠感が出て、ふらつき、転倒につながることもある
3.依存性が高く、やめられなくなる

 

このなかでもっとも問題が大きいのは依存性です。アルコールは、覚せい剤やタバコよりも依存しやすいという説もあります。いったんアルコール依存症になれば、一生をかけても完治はむずかしいともいわれています。

 

ここで知ってほしいことは、レンドルミンとアルコールがもつ効果と副作用が、とても似ているという点です。睡眠薬であるレンドルミンは、眠くなる作用があるほか、倦怠感やふらつきがおこる可能性があります。また、アルコールほどリスクは高くないですが、依存性が増したり耐性がつくことも考えられます。

 

>>レンドルミンの副作用は危険!離脱症状を克服するためには?

 

したがって、レンドルミンとアルコールを併用すると、単純に効果が強まるだけではありません。副作用・依存症がおこる危険性が2倍以上にはね上がることになります。

 

まずは副作用についてです。忘年会や新年会シーズンに、ふらふらになるまで飲んで酔っぱらった人を見かけたことはありますよね?とても危なっかしくて見ていられない状態ですが、副作用がおきるとそんな酩酊状態におちいるケースがあります。しかも、ほんの少しのアルコールでも副作用のリスクはあります。

 

そして、さらにおそろしいのが依存性です。

 

・レンドルミンの依存性が高まって人間関係が破たんする可能性も?

 

アルコールとレンドルミンの作用は似ているので、アルコールを飲んでからレンドルミンを服用すると、それぞれの血中濃度がいっきに高まります。レンドルミンの依存性や耐性リスクはさほど高くありませんが、血中濃度が急上昇することによって、いままでと同じ服用量では眠りにくくなるという問題がでてきます。

 

眠れないと「レンドルミンの服用量をふやせばいい」と考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、服用量を増やすことによって、依存性も高まることを覚悟しなければなりません。そうなった場合、薬をやめようとしても離脱症状がでてしまい、薬をやめることはむずかしくなります。

 

さらに、血中濃度の急激な変化によって、せん妄や夢遊病などをひきおこすことがあります。せん妄になると、大声を出したり暴力をふるうこともあり、周囲から孤立することも考えられます。家族なら理解できたとしても、友人や同僚の場合はそう簡単にはいきません。今まで積み上げてきた信用を、すべて失ってしまうかもしれません。

 

・いちばん最悪なのがアルコール依存症

 

アルコール依存性になるとほんとうに最悪です。

 

寝つきがわるいからと寝酒をするのが習慣になっている人は少なくないでしょう。しかし、アルコールには耐性があるのです。いつの間にかお酒の量が増えていた、なんてことも不思議ではありません。

 

しかし、眠れないからといって、レンドルミンを併用するととても危険です。なぜなら、アルコールとレンドルミンを併用することで血中濃度が急激に上昇するからです。その結果、アルコールの依存リスクがいっきに高まり、最終的にはアルコール依存症になるケースもあります。

 

アルコール依存症は、依存度がひじょうに高く、治療がとてもむずかしい病気です。いったんなってしまうと、いつもお酒のことが頭から離れません。治療によってやっと回復したと思っても、また再発をくり返します。ニコチン依存症は比べられないほど、つらく苦しい人生を送ることになるのです。

 

仕事やつきあいでお酒が断れなかったらどうしたら良い?

 

レンドルミンとアルコールを併用する危険性はわかっているけれど、仕事やつきあいで断れない人もいるかもしれません。そんなとき、どんな対策をとればいいのでしょうか。

 

まずは、レンドルミンを飲んでからお酒を飲むまでの時間をあける方法があります。レンドルミン服用後、7時間以上あけてからアルコールを飲みます。順序を逆にしたければ、飲んだ量にもよりますが、アルコールを飲んでから12時間以上あけてレンドルミンを服用します。この方法であれば、それぞれの成分が同時に作用することを避けられます。また、依存性のリスクも低下し、肝臓への負担も減らすことができます。

 

この方法もできないなら、レンドルミンを服用しないという方法もあります。ただし、勝手に服用をやめることは問題なので、かならず医師と相談してからにしましょう。薬を飲まないと寝つけなかったり、眠りが浅くなることが予想されますが、それは仕方ありません。レンドルミンとアルコールの併用で、身体に深刻な影響があることを考えれば、一晩くらい眠れなくても我慢するしかありません。