レンドルミンの正しい飲み方・ジェネリックの飲み方は?

レンドルミンの正しい服用方法とは?

レンドルミンは症状に合わせて、正しく服用しましょう。自分がいまどんな症状なのかきちんと理解したうえで、用法・容量を守ることが大切です。
レンドルミンの規格は1種類で0.25mg錠のみになりますが、同じ規格で口中崩壊錠のレンドルミンD錠もあります。効果の弱い薬なので基本的に0.25mgで服用することなりますが、もしも0.25mg以下にするには、ピルカッターなどで錠剤を割らなくてはなりません。

 

睡眠薬なので、就寝前に使用するのが一般的です。

 

服用するなら知っておかなければならない注意点がいくつかあります。これらを無視すると、効果が減少したり、依存性の危険があります。そうならないために、医師の指示を守って正しく服用しましょう。

 

服用するのは寝る30分まえくらいに

 

レンドルミンの血中濃度が最大になるのは、服用後およそ1時間半です。実際に効果が出始めるのは服用してから30分位でしょう。

 

そのことから考えると、服用したらすぐに眠れる体制を整えておく必要があります。飲んだ後に色々用事を済ませる時間はないと思った方がいいでしょう。ですので、服用するタイミングは寝る直前ということになります。お風呂に入ったり、テレビやスマホ画面をみることは、寝つきを悪くする原因になるので控えましょう。

 

寝る直前に飲んでおけば効果時間をたっぷり有効に使うことができます。効果時間は大体7時間位だと考えると、寝る直前に飲んでおけばちょうど寝る直前に薬の効果が切れるということになります。逆に服用したのにいつまでも寝る体勢に入らないでいると薬の効果時間を無駄に消費することになり、結果寝ている最中に薬が切れてしまうことにもなりません。

 

比較的効果時間の少ない睡眠薬ではありますが、飲んですぐ寝る、これを心掛けていれば平均的な睡眠時間分程度の効果時間は十分確保できます。「入眠障害」だけでなく「中途覚醒」や「早朝覚醒」にも効く幅広い守備範囲を持った睡眠薬として使うことができます。寝る直前に飲むことで有効活用しましょう。

 

空腹時ではなく満腹時に服用する

 

空腹時の服用は、効果を高めますが、依存のリスクも高めてしまいます。可能であれば満腹時に服用するのが良いですが、あまり遅い時間に飲食すると肥満や健康面で心配もありますよね。そんなときは無理せず、少しだけ牛乳を飲むようにしましょう。

 

空腹だけど牛乳も飲めないなら、薬の量を減らしましょう。空腹時は薬の効果が強まるので、薬が効きすぎてしまうリスクを避けるためにも、少量だけ服用するのが安心です。

 

1日の服用量をまもりましょう

 

うっかり飲み忘れることもあるかもしれません。だからといって、飲み忘れた分を翌日に持ちこすのはやめましょう。0.25mg飲み忘れたからといって、次の日に0.5mg飲むのは間違いです。1日の服用量は決まっているのですから、自己判断で服用量を変えるのはやめましょう。

 

服用量が増えるということは、効き目が強まるということに加え、依存度も高めてしまいます。たとえ薬を飲み忘れたとしても気にする必要はありません。翌日からはまた決められた量を飲めば良いのです。

 

レンドルミンを服用するにあたり、もっとも注意しなければならないのは「いつ服用するか」です。守ってほしいのは、就寝する直前に服用することです。そのためにも、就寝するまでに用事は済ませておきましょう。

 

就寝時間でもないのに服用した場合、思うような効果がでないことがあります。たとえば、まだやることがあるのに急激な眠気におそわれたり、寝ている途中で効果が切れてしまったり、せっかくの効果がムダになってしまいます。不眠症の原因は、睡眠リズムがくるうことも一因といわれています。服用するとなったら、あらかじめ就寝時間を決めましょう。その時間に服用して、就寝時間をまもることを徹底することが重要です。

 

ジェネリックだからといって服用方法に変わりはない

 

ジェネリック医薬品とは、おなじ成分・効き目で価格が安い後発薬のことです。成分や効き目がおなじなのですから、服用方法や注意点なども先発品と変わりません。

 

しかし、なかには間違った思いこみをしている人が少なくないのです。「安いジェネリックなのだから、多めに服用しても大丈夫」というものです。なぜこんな考えにいたったのかはわかりませんが、成分・効き目がおなじ薬なら、服用量はおなじでなければおかしいのです。大量に服用すると、依存リスクがいっきに増す可能性があるので注意が必要です。

 

服用する際の注意点もレンドルミンと変わりません。

 

1.寝る直前に飲む
2.服用量は守る
3.満腹では飲まない

 

この3点を絶対にまもり、ただしく服用しましょう。